[VBA] StrConv関数で文字列を変換します

 この記事では、VBA のStrConv関数を使って文字列を変換する方法を解説します。
 

StrConv関数で文字列を変換します

 StrConv関数 は文字列を指定した方法で変換する関数です。

StrConv(文字列,変換方法 [, LCID])

というふうに使います。最後の引数 [LCID] は LocaleID といって、言語を表すコードのことなんだけど、まったく気にする必要はないです。省略しちゃってください。よく使われる引数を載せておきましょう。

StrConv(文字列,vbUpperCase)

は文字列を大文字に変えますよ。UCase関数と同じはたらきをします。

StrConv(文字列,vbLowerCase)

は文字列を小文字に変えます。LCase関数と同じです。

StrConv(文字列,vbProperCase)

は各単語の先頭の文字だけ大文字にします。

StrConv(文字列,vbWide)

は半角文字を全角文字にします。

StrConv(文字列,vbNarrow)

は全角文字を半角文字にします。

StrConv(文字列,vbKatakana)

はひらがなをカタカナに変えます。

StrConv(文字列,vbHiragana)

はカタカナをひらがなに変えます。
 
 StrConv() を使って、カタカナをひらがなに、ひらがなをカタカナに変えるユーザー定義関数を作ってみました。

'[VBA] カタカナをひらがなに変換するFunction Macro

Function HIRAGANA(mystr As String) As String

  HIRAGANA = StrConv(mystr, vbHiragana)

End Function

'[VBA] ひらがなをカタカナに変換するFunction Macro
Function KATAKANA(mystr As String) As String

  KATAKANA = StrConv(mystr, vbKatakana)

End Function

 ワークシートのセルに

=HIRAGANA("コバト")

と入力すると「こばと」返ってきます。

=KATAKANA("こばと")

とすれば「コバト」が返ってきます。こういうオリジナル関数をたくさんコレクションしておくと、組合せのバリエーションがどんどん増えて色々なことができるようになります。


 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)