【Excel】SUMPRODUCTで配列の積を足し合わせます

【Excel】SUMPRODUCT 関数

 Excel関数において、連続して縦に並んでいたり、横に並んでいるひとまとまりのデータを引数に指定すると、それは配列として扱われます。SUMPRODUCT

=SUMPRODUCT(配列1,配列2)

のように記述して、配列1 と 配列2 のとなり同士の要素を掛け算し、さらにそれらを全て足し合わせます。たとえばセル A1 ~ A3 を配列1, B1 ~ B3 を配列2 として

=SUMPRODUCT(A1:A3,B1:B3)

と入力すると、内部では

A1 × B1 + A2 × B2 + A3 × B3

という計算をしていることになります。

仕入れ値の合計金額を求めましょう

 それでは実践練習です。SUMPRODUCT を使って仕入れ値の合計金額を求めてみましょう。今回は美味しそうなパンをたくさん仕入れます。

 SUMPRODUCTパンの仕入れ値

 商品ごとに「仕入れ値 × 数量」を求めて、それを全ての商品について足し合わせると合計金額を求められますね。こういうときに使うのが SUMPRODUCT なのです。B7 セルに

=SUMPRODUCT(B2:B6,C2:C6)

と入力してみると、合計金額 18400 がぱっと求められます。同じことを普通の SUM 関数でやろうとするとちょっと面倒です。 SUMPRODUCT は使い勝手の良い関数なので、おすすめです。うちの会社でも涼音さんがよく使っています。皆さんも、『あとりえこばと出版』の本をぜひ買ってくださいね(唐突な宣伝)。

Excel VBA
Excel VBA 表計算とプログラミング学習サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました