SUMPRODUCT関数 配列同士の積を足し合わせます

SUMPRODUCT関数 配列同士の積を足し合わせます

 Excel関数において、連続して縦に並んでいたり、横に並んでいるひとまとまりのデータを引数に指定すると、それは配列として扱われます。SUMPRODUCT関数

=SUMPRODUCT(配列1,配列2)

のように記述して、配列1 と 配列2 のとなり同士の要素を掛け算し、さらにそれらを全て足し合わせます

 たとえばセル A1 ~ A3 を配列1, B1 ~ B3 を配列2 として

=SUMPRODUCT(A1:A3,B1:B3)

と入力すると、内部では

A1 × B1 + A2 × B2 + A3 × B3

という計算をしていることになります。
 

仕入れ値の合計金額を求めましょう

 それでは実践練習です。 SUMPRODUCT関数を使って仕入れ値の合計金額を求めてみましょー。今回は美味しそうなパンをたくさん仕入れますよー。

 SUMPRODUCTパンの仕入れ値

 商品ごとに「仕入れ値 × 数量」を求めて、それを全ての商品について足し合わせると合計金額を求められますね。こういうときに使うのが SUMPRODUCT関数 なのです。 B7 セルに

=SUMPRODUCT(B2:B6,C2:C6)

と入力してみると、合計金額 18400 がぱっと求められますねー。同じことを普通の SUM関数でやろうとするとちょっと面倒です。 SUMPRODUCT関数 はとても使用頻度の高い関数です。うちの会社でも涼音さんがよく使っていますよ。それじゃ、またねー♪

 ⇒ エクセル関数辞典トップページ


 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)