当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

【VBA】ワークシートの追加と削除

今回は VBA を使ってワークシートを追加またはワークシートを削除する方法を解説します。

【VBA】Addでワークシートを追加します

Worksheets コレクションに対して Add メソッドを呼び出せば、新しいワークシートが追加されます。まずは一番シンプルなプロシージャを書いてみます。

'[VBA] 新しいシートを追加するマクロ
Sub Add_Sheet_1()
  Worksheets.Add.Name = "NewSheet"
End Sub

Add_Sheet_1() を実行すると NewSheet という名前の付いたシートが追加されます。このマクロでは挿入位置を何も指定していないので、今開いているシート(アクティブシート)の後ろに追加されますが、位置を指定したい場合は、Before もしくは After 引数を指定します。たとえば、次のプロシージャは Sheet1 の前に新しいシートを追加します。

'[VBA] Sheet1の前に新しいシートを追加するマクロ
Sub Add_Sheet_2()
  Worksheets.Add(Before:=Worksheets("Sheet1")).Name = "NewSheet"
End Sub

Sheet1 の後ろに新しいシートが追加したい場合は以下のように記述します。

'[VBA] Sheet1の後に新しいシートを追加するマクロ
Sub Add_Sheet_3()
  Worksheets.Add(After:=Worksheets("Sheet1")).Name = "NewSheet"
End Sub

複数のシートをまとめて追加したいときは Count 引数を指定します。たとえば、Sheet1 の前に 2 枚のシートが追加するには次のようなコードを書きます。

'[VBA] Sheet1の前に2枚のシートを追加するマクロ
Sub Add_Sheet_4()
  Worksheets.Add Before:=Worksheets("Sheet1"), Count:=2
End Sub

【VBA】Deleteでワークシートを削除します

VBA でワークシートを削除するときは ワークシートオブジェクトに対して Delete メソッドを呼び出します。特に何も指定しないと、手動でシートを消すときと同じように「シートを削除すると元に戻せません」みたいな警告メッセージが表示されます。それが煩わしい場合は、DisplayAlerts を False にしておきましょう。

'[VBA] Sheet1を警告メッセージなしで削除するマクロ

Sub Delete_Sheet()

  '警告メッセージをオフにします
  Application.DisplayAlerts = False

  Worksheets("Sheet1").Delete

End Sub

Delete_Sheet() を実行すると警告なしで Sheet1 が消えます。でもワンクリックでぱっと消えちゃうようなマクロだと「ぎゃああ! 間違えましたよー! このシートは消しちゃいかんやつですよー!」みたいなことになってしまうかもしれないので、ユーザーさんに本当に消すのかどうか確認するメッセージを出すようにしておいたほうがいいかもしれません。

以下のプロシージャはワークシートを全部削除して、新しいシートを1枚追加します。このマクロも十分注意して使ってくださいね。「間違えた!」と思ったら、ファイルを保存しないで一度エクセルを終了しましょう。

Sub DeleteAllWorksheets()
    Dim i As Integer

    ' ワークシートが1つしかない場合、エラーメッセージを表示して終了
    If Worksheets.Count = 1 Then
        MsgBox "最後のワークシートを削除することはできません。", vbExclamation
        Exit Sub
    End If

    ' ワークシートを逆順で削除
    Application.DisplayAlerts = False ' 警告メッセージを非表示に設定

    For i = Worksheets.Count To 1 Step -1
        If Worksheets(i).Name <> "Sheet1" Then ' "Sheet1" 以外のワークシートを削除
            Worksheets(i).Delete
        End If
    Next i

    Application.DisplayAlerts = True ' 警告メッセージを元に戻す

    ' ワークシートが1つだけ残った場合、新しいワークシートを作成
    If Worksheets.Count = 0 Then
        Worksheets.Add
    End If
End Sub

コメント

  1. あとりえこばと より:

    【AI解説】Worksheets.Add

    [ChatGPT] VBA(Visual Basic for Applications)のWorksheets.Addは、ExcelのVBAプログラミングで使用されるメソッドです。このメソッドは、新しいワークシートを作成してExcelブックに追加するために使用されます。以下に、Worksheets.Addメソッドの基本的な構文と使用方法を示します。

    Worksheets.Add([Before], [After], [Count], [Type])

    このメソッドは、オプションの引数を含んでいます。引数の意味と使用方法は以下の通りです。

    ・Before: 新しいワークシートの前に挿入されるワークシートを指定します。省略可能です。
    ・After: 新しいワークシートの後に挿入されるワークシートを指定します。省略可能です。
    ・Count: 追加するワークシートの数を指定します。省略可能です。
    ・Type: 新しいワークシートの種類を指定します。省略可能です。

    BeforeとAfterの引数は、既存のワークシートを指定して新しいワークシートをその前または後ろに挿入するために使用します。たとえば、Worksheets.Add Before:=Worksheets(“Sheet2”)と指定すると、新しいワークシートが”Sheet2″の前に挿入されます。

    Count引数を使用すると、一度に複数のワークシートを追加できます。たとえば、Worksheets.Add Count:=3と指定すると、新しいワークシートが3つ追加されます。

    Type引数を使用すると、新しいワークシートの種類を指定できます。たとえば、Worksheets.Add Type:=xlWorksheetと指定すると、新しいワークシートは通常のワークシートとして作成されます。

  2. あとりえこばと より:

    【AI解説】Worksheets.Delete

    [ChatGPT] VBAのWorksheet.Deleteメソッドは、Excelのワークシートを削除するための機能です。このメソッドを使用すると、VBAコードからワークシートを削除したり、必要に応じて新しいワークシートを作成したりすることができます。Worksheet.Deleteメソッドの基本的な構文は以下の通りです:

    Worksheets("シート名").Delete
    

    ここで、「シート名」は削除したいワークシートの名前を指定します。このメソッドを使う際に注意するポイントはいくつかあります。ワークシートを削除すると、そのワークシートに含まれるデータや設定が完全に失われます。したがって、削除する前に必要なデータをバックアップするか、注意深く確認してください。削除するワークシートがアクティブな場合、削除操作を行う前に別のワークシートをアクティブにする必要があります。例えば、以下のようにアクティブなワークシートを変更することができます:

    Worksheets("別のシート名").Activate

    存在しないワークシートの名前を指定すると、エラーが発生します。削除する前に、指定した名前が正しいことを確認してください。ワークシートを削除する例を示します:

    Sub DeleteWorksheet()
        Dim ws As Worksheet
        Set ws = Worksheets("Sheet1")  '削除するワークシートを指定
        
        Application.DisplayAlerts = False  '確認ダイアログを非表示にする
        ws.Delete  'ワークシートを削除
        Application.DisplayAlerts = True  '元の設定に戻す
    End Sub

    この例では、「Sheet1」という名前のワークシートが削除されます。最初にApplication.DisplayAlertsをFalseに設定することで、確認ダイアログを表示せずに削除が行われます。上記のコードでは、ワークシートが実際に削除される前にデータをバックアップするか、注意してください。

タイトルとURLをコピーしました