学級担任一覧表から指定したデータを取り出します

 久しぶりの「データベース研究所」の記事です。今回は縦横に並んだ学級担任一覧表から、学年と学級(クラス)を指定して、該当者を参照するというワークシートを作ってみます。

学級担任一覧表を用意します

 今回はサンプルとして以下のデータを使用します。
 コピーしてワークシートのセル C3 に貼りつけてください。

  1 2 3
1 玉村 彩奈 芳賀 真智 大岩根 均弥
2 山里 安紀子 曾我 瑠津子 羽広 剛信
3 狩谷 絹子 鰺坂 久遠 新村 もみじ
4 伊関 元志 外園 琴葉 十楚 久徳
5 掃部関 伊暢 樋勝 建彦 士反 鋭之助

 貼りつけたら、次のように表の体裁を整えます。

 学級担任一覧表をシートに貼り付けます

 セル D2, E2, F2 は [ホーム] タブから [セルを結合して中央揃え] を選択してくっつけておきます。同様にセル B4 ~ B8 も結合させて、こちらは [ホーム] ⇒ [方向] ⇒ [縦書き] として文字の方向を縦にして見やすくしておきます。あとは好みに応じて色を塗るなどしてください。F10 は学年を、F11 は学級を指定するセルです。とりあえず 2 と 3 を入れておきます。そしてセル F12 には

=INDEX(D4:F8,F11,F10)

と入力します。

 INDEX関数を入力します

 セル F12 には「鰺坂 久遠」と表示されるはずです。INDEX関数

=INDEX(参照範囲,行,[列])

の形式で記述して範囲内の相対的な行と列のセルデータの内容を返します。引数は 行、列 の順番ですよ。ここ間違えると大変ねー。さっきの

=INDEX(D4:F8,F11,F10)

では、まず1つめの引数で氏名の入ったセルをまとめて指定して、その次に行(学級)を指定する F11, 最後に列(学年)を指定する F10 です。

 あ、そうそう。さっきマリちゃんの家でかき氷食べたんですけどね。それはもうとーっても冷たくて甘くて美味しかったんですけど、ちょっと食べ過ぎてお腹壊してしまいました。これからますます暑くなっていくと思いますけど、皆さんも冷たい物を食べ過ぎないように気をつけてくださいね。それではまた次回お会いしましょー。
 ≫ データベース研究所

スポンサードリンク
末尾大型広告
末尾大型広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください